任せて安心、引越しサイト一括見積もり

電気料金の節約方法

一人暮らしを始めると自由のあまり、ついつい夜ふかしをしたり、空調をガンガンかけたりして料金の支払いの際には驚くときがあります。

今回は、一人暮らしをする際の電気代の節約術をお伝えしたいと思います。
まずは節約タップの購入です。コンセントの部分に元栓を切れるスイッチが付いているタップですね。
もちろん家電全てにをこれに繋げる必要はありません。
冷蔵庫やビデオデッキなど切ってはいけないものや、後々後悔するものはそのまま繋げましょう。
節約タップに繋ぐと良いものは、テレビ、パソコン、プリンター、オーブン、レンジなどです。
これを行うことで多少ではありますが節約になります。そして、電気代を大きく左右するのがエアコンです。
最近は省エネの物が多くありますが、賃貸マンション等に設置されているかというと、まだまだそんな良いマンションはありません。よって、エアコンの使い方で電気代は大きく変わってきます。

夏場はエアコンの温度は28℃にしましょう。強さは「弱」で風向きは「真下」です。
そして、扇風機を使って室内の空気を回したり、自分に直接風を当てたりしましょう。

冬場は朝だけ夜だけと時間を決めて暖房をつけましょう。それ以外は厚着をして過ごせば節約になります。
実はエアコンで部屋を暖めるよりも、毛布や布団に包まって暖を取る方が保温効果が得られ暖かいのです。

しかし、最も良い節約方法は「戸外に出ること」です。最近は「節電のため公共の場へ出かけよう」という声も高まっているので最善策の1つと言えます。さらにもう1つ電気代の天敵なのがドライヤーです。
実はドライヤーはあまり必要ないのです。扇風機を使えば髪を乾かすことは十分に可能です。
扇風機ならば広い範囲で風を当てることが出来たり、強さもドライヤーの比ではありません。
そして、髪というのは温風に当たることによって傷んでいくので、女性ならば尚更この方法で髪をセットしてもらいたいと思います。
節約タップを使って小さく節約することはもちろん大切ですが、エアコンとドライヤーの2つの使用方法をしっかりとコントロールできれば、電気代を大幅に減らすことができるようになります。
最後に、電気を切ることができない冷蔵庫ですが、1週間で食べきれる量の食料を入れて冷却する時間を短くすることも、電気代の節約にも、そして食べ物の鮮度を保つ意味でも良いと思いますので、こちらも合わせて是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!