任せて安心、引越しサイト一括見積もり

遠方へ引越す場合

長距離の引っ越しになると近距離よりも手間が増えます。

引っ越し費用の見積もりを取るのは同じ作業ですが、陸が離れている場所に引っ越すとなると料金も大きく変わります。

長距離の引っ越しとなると大手の業者にお願いすることになると思いますが、できるならば繁忙期を避けて、できるだけ見積もりを多くとったほうがいいと思います。

また自家用車もあるようでしてら、こちらの移動手段も考えなければなりません。

自分で運転して移動できるなら、それが一番いいのですが、長距離となるとそうもいきません。

引っ越し業者を通して、車の引っ越しも一緒に申し込める場合もあるので、見積もり時にでも確認を取っておくとよいでしょう。

車は引っ越しの荷物よりも時間がかかるため、早めに引き渡します。

引っ越しの手続きや、買い物等で車をギリギリまで使おうとすると、引っ越し先での車の到着が遅れることになります。

どちらの方が車を使う回数が多いのかを考えてから決めることをお勧めします。

荷物の方ですが、梱包自体はどの引っ越しも同じです。

ひたすら詰めるしかありません。

長距離ということは、時期や天候によっても荷物到着の日数が前後すると思います。

だいたい3〜4日くらいかかると思います。

つまり、新居に入るまでの期間の宿泊先も確保しておかなくてはなりません。

格安のホテルは早めに予約しないと取れないこともあって、結局余計な出費が増えかねません。

同様に、移動手段の予約、購入も早めにしてほいたほうがいいです。繁忙期になると、列車、飛行機ともに満員ということもあります。

引っ越し当日の移動はしっかり時間に余裕を持ったほうが賢明です。

引っ越しのトラックが1回で済むのか、それとも荷物が多くて一度の運搬では間に合わないとなると、トラックと倉庫の往復分の時間も加算されるので、予定よりもかなり時間がかかります。その日の天候や道路状況も影響されるでしょう。

どうしてもその日のうちに移動したい場合は、最大のかかる時間を引っ越し業者に尋ねておくといいかもしれません。

また、同じように引っ越し先にも当日に入るわけにはいきませんよね。

引っ越し先での電気や水道も今まで契約していた会社とは違うことが大半でしょう。

それらは事前に入居日に使い始める旨を知らせておく必要があります。立会いの下で使い始められることもあるのでそれも確認が必要です。

土地勘がなければ、役所や学校にも、荷物が到着して忙しくなる前に行っておくと時間短縮になります。

学校にすぐ通う場合は、学校関係の荷物がすぐにわかるように目印をつけておくことをお勧めします。

引っ越し先の気候にあうような洋服や靴もすぐに出せるようにしておいたほうが快適に過ごせると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!