任せて安心、引越しサイト一括見積もり

衣類や洋服の荷造りの仕方

同じ衣類だからと言って一緒くたに段ボールに詰め込むのはNGです。

新居に運び込んだ後はタンスやクローゼットに移さなくてはいけませんから、ゴチャゴチャにしてしまえば無駄な労力がかかってしまいます。

これを防ぐためには荷造りの段階からある程度整理しておくことが大切です。

今回は誰にでも簡単に実践できる衣類の詰め方をご紹介します。

◆箱を開けないでも中身が分かるようにメモしておく

探している洋服がすぐに見つかるように段ボールにズボンやニットなどという具体的な種類を書いておきましょう。

全部衣類で統一してしまうと、必要な洋服を探す度に全ての段ボールをチェックしなければなりません。

衣類の他にも荷物は沢山ありますから一つの作業に時間をかけることは避けるべきです。洋服の整理も効率よく行いましょう。

◆タンスや収納ケースの引き出しごとに分けて梱包する

下着や靴下・インナーなど同じ引き出しに入れる物をまとめて箱詰めします。

段ボールから引き出しに入れ替える時に作業範囲を狭くすることができるので効率的ですし、箱を開けた時も何が入っているのか分かりやすいですよ。

引っ越し業者の中にはタンスの引き出しや収納ケースに洋服が入ったまま運んでくれる所もあるようなので、事前に確認しておくのもいいでしょう。

◆シワになる物はハンガーにかけたまま梱包する

スーツやコート・シャツ・スカートなどはシワや型崩れが起きないように、ハンガーにかかった状態で箱に詰めます。

荷物を小さくするためにギュウギュウに箱詰めするのではなく余裕をもって入れること。

また、ハンガーにかけたまま梱包できるハンガーボックスを提供している業者もありますので、利用できる場合は使うようにしましょう。

ハンガーボックスはそのまま家庭の収納ケースとして利用することができますから、種類ごとに分けて梱包しておくと入れ替えをする必要がありません。

◆シーズンオフや礼服など使用頻度が低い物はまとめて梱包する

引っ越し後すぐに使わない洋服を種類ごとにまとめておくと作業が楽になります。

そのままクローゼットや押し入れの奥に仕舞っておき、使うときは段ボールごと取り出せばいいので衣替えも楽になりますし、収納場所を忘れるということもなくなります。

引っ越しにも効率が必要です。このポイントさえ押さえれば衣類の荷造りや入れ替えもグッと楽にこなせます。

シワや型崩れを気にしない洋服なら圧縮袋に入れて梱包するのもいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!