任せて安心、引越しサイト一括見積もり

思い出の品はどう片付ける?

引っ越し関連の作業で一番時間がかかるのが荷物の梱包です。

時間のない突然の引っ越しならば、考えてる暇もないのでなんでもかんでも詰めるしかありません。

しかし、引っ越しまでに比較的余裕があるようでしたら、断捨離をお勧めします。

荷物の少ない人ならば、しなくても問題がないでしょうが、元々物を捨てられない方や家族での引っ越しという方は「いるもの」「いらないもの」を分けておくと引っ越し先での荷開け作業が楽になるはずです。

特に思い入れもなく、捨ててもいいとすぐに判断できるものはいいのですが、問題は「思い出がつまったもの」ですね。

これは簡単に判断できるものではありません。

必要ではなくても捨てられない、捨てたくないという気持ちですよね。

ただ、家族が増えたり、生きてる時間が長くなればなるほど思い出は増えていきます。

思い出の品も増えていくでしょう。

全てのものを取っておくことのできるスペースがあれば取っておいてもいいですが、普通の家であればそうはいきません。

そうであれば、少し整理しておくとこれからも増える思い出に対応できるような気がします。

まず、自分の家に置くことが可能な大きさの「思い出ボックス」を用意することをお勧めします。

お子様がいる家庭は、お子様の人数分のボックスを用意して名前を付けておきます。

そして、思い出の品は各自の「思い出ボックス」に入る分だけ取っておくというルールを決めます。

思い出の品々を実際に見ながら、優先順位を決めてボックスの中にしまいます。

残念ながらボックスに入らなかったものは、「さよなら」しなければなりません。その際には、写真にとっておくことをお勧めします。

入りきらなかった品々を写真にとって思い出ファイルに入れておけば忘れることはありません。

どうしても決められない場合は、無理に決断せず保留用の箱も用意しておいてもいいかもしれません。

思い出がつまった衣料品は、捨てるのではなくリサイクルできるものは利用したほうがいいと思います。

捨てるよりも、もしかしたらどこかで再利用されるかもしれないし、なによりエコですよね。

引っ越し先でも、きれいな思い出ボックスなら、いつでも手の届くところに置けると思います。

思い出の品をずっとしまい込んでいるよりも、簡単に出し入れできる場所にあれば、定期的にのぞくことができます。

そうしているうちに、保留にしていた品々の行く末を決断できるようになると思います。

引っ越しで、物を整理して、保管場所も考え直すいい機会ができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!