任せて安心、引越しサイト一括見積もり

引越後、2週間のうちにやること

引っ越し前にやらなければならない事務処理などを済ませ、荷物の梱包、無事引っ越し作業まで終わっても、まだまだ気を抜けないのが引っ越しの大変なところです。運び込まれた荷物を開けることはもちろんですが、それだけではなく引っ越し後に行わなければならない大切な届け出などがあります。特に引っ越し後2週間以内をメドにしてやるべきことを、あらかじめチェックリストにしておくことをおすすめします。

運転免許証の住所変更

所轄の警察署に、住民票など新住所に住んでいることが証明できるものを持って行き手続きします。

転入届・印鑑登録・国民健康保険・国民年金・その他福祉関係

新居の市区町村役場に、引っ越し後2週間以内に届け出ることが必要です。印鑑・身分証明書・他の市区町村から転入の場合は転出証明書も持参します。この時に住民票もとっておくと、その他の手続きに役立つことがあります。

旧居の立会・敷金の精算

旧居が賃貸だったときには、退出後に部屋の状態確認に立ち会います。その結果に基づいて、敷金の精算等がなされます。この時の原状回復義務に関する大家さん側とのやり取りは、後々トラブルになることも多いので、引っ越しの忙しさにかまけず慎重に行うことが大切です。

隣近所への挨拶

引っ越してから、できるだけ早めに済ませます。

転入学届

学校へ転校手続きを行います。

自動車・バイクの登録変更

新居の陸運支局へ届け出します。

ペットの登録

新居の保健所へ住所変更など届け出をします。

パスポート

パスポートの所持人記入欄を訂正しますが、姓名・本籍地が変わる場合は、各都道府県の旅券センターでの手続きが必要です。

転居通知はがき

転居通知のはがきを出す場合は、準備をします。

この他、銀行・証券会社・保険会社・クレジットカード会社などへの住所変更手続きがまだ済んでいない場合は、店舗窓口やインターネット・郵送などで手続きをします。携帯電話会社・NHK・ケーブルテレビ局・インターネットプロバイダー・各種会員登録先なども同様に、届け出もれがないかチェックしておきましょう。

これらの届け出関係は、2週間以内に届け出しなければならない役所以外にもたくさんありますが、特に期限のないものでも一挙にまとめて済ませてしまうのがおすすめです。中途半端に済ませたままにしておくと、どこへ届け出していないのかわからなくなったり、ついずるずると届け出を怠ったまま放置してしまったりということになりがちです。早急に処理してしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!