任せて安心、引越しサイト一括見積もり

引越す1ヶ月前までにやること

引越しが決まったらまず、管理会社か家主へ退去日の連絡を最低でも1ヶ月前までには入れなければなりません。解約届や退去届を書かなければならないので、必ず連絡するようにします。

また、子どもが学校に通っている場合は、転校届けも必要になるので、学校に早めに報告するようにします。

そして固定電話を使用している家庭は、新居での工事も必要になるので、こちらも早めに連絡を入れることをおすすめします。また、プロバイダも、新規契約するにしても引き続き利用するにしても、開通までには時間がかかることがあるので、早めに手続きするといいです。

そして、引越しの1週間から2週間前までには市区町村の役所へ行き、転出・転居の手続き、国民年金や国民健康保険の手続き、印鑑登録の廃止の手続きを行います。転出・転居の手続きには印鑑が必要なので、忘れずに持って行くようにしてください。

そしてこの他にも子どものいる家庭では、児童手当や乳児医療費助成の手続きなどがあります。高齢者のいる家庭では、後期高齢者医療費助成や介護保険の手続きなどもあるので忘れずに行ってください。

そして郵便局に置いてある専用のハガキで、郵便物を1年間新しい住所に転送してもらうことができるので、こちらも早めに申請しておいてください。

電気や水道やガスに関しては、停止手続きと、新しい住所での開始手続きが必要になるので、引越しの1週間前までには申請するようにしてください。

また、NHKや衛星放送の契約の変更もしなければなりません。ケーブルテレビに関しては、設備の撤去や新居での設備工事などがある場合もあるので、早めに連絡をするようにします。

新聞や配達サービスなどを利用している人も、同じく契約変更の手続きをしなければなりません。こちらも早めの申請をおすすめします。

そして引越しの荷物の準備も、引越しの時にできるだけ荷物が少なくてすむように、いらない物は処分したり、売ったり、誰かにあげたりしておきます。梱包にはとても時間がかかるので、一気にしようとはせず、毎日少しずつ詰めていくことをおすすめします。

また、ダンボールが足りなくなって焦らなくてもいいように、ダンボールは多めに準備しておくといいです。また、ダンボールの中身がわかるように、マジックで何が入っているかを書いておくと、荷解きの時にとても便利です。

そして冷蔵庫の電源は、最低でも引越しをする6時間前には切っておかなければなりません。

洗濯機も前日までには水抜きをしておきます。また、貴重品だけはまとめておき、自分の手で運ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!