任せて安心、引越しサイト一括見積もり

引越す、前日までにやっておくこと

引越し前日までにやっておくことは、転出届、郵便物の転送、水道・電気・ガス会社への転居の連絡など連絡事項が多岐に渡ります。

特に郵便物転送届けは早めにやっておくと良いと思います。1年間転居先へ転送していただけますので、万一、転居の届けを忘れた際でも

その郵便物が転送され、引越し後に届出の変更を行うことがしやすくなります。

また、勤務先への住所変更も、大抵の会社の場合、1ヶ月前くらいから受付を行ってくれるはずですので、この間に行うことになります。

各種届け出の変更以外では、純粋な引越し準備になりますが、まず、箱詰めする前に、家の中の荷物の取捨選択をするほうがお得だと思います。

荷物を【必ず持って行く物】、【必要な物】、【あまり必要でない物】、【捨てるもの】といった具合に4クラス程度に分けておくと捨てやすいか、

そうでないかの決断がしやすくなります。

まず最初にそうやって荷物のクラスを分けておく(分けたらクラスを一切変更しない!!)と、荷物をダンボールに梱包する際に優先順位が

つけやすくなります。ダンボールに荷物を梱包する際になると、持って行く荷物が増える可能性が多くなる場合があります。その時に事前に

荷物のクラス分けをしておくことで、荷物の関係上、どうしても捨てなければならない場合が出てきた時に捨てる荷物を比較的簡単に選ぶこと

ができます。転居先に持っていく荷物を極力減らしたい場合などには、おススメの方法です。

また、引越し荷物ですが、ダンボールに詰め込む前に、まず部屋ごとに荷物をまとめておき、部屋単位や引越し先で同じ場所に片付ける荷物

単位で荷物を整理しておくことは後々のことを考えると非常に楽になりますが、これは、引越し近くにならないとできない可能性が高いです。

引越し直前までその家で生活することになるので、あまりに先に荷物分けの準備をすると今の生活が不便になりますので、これは、引越し前に

日常生活に影響を与えない順に荷物整理を行うことが今の生活で不便を減らすことになります。

荷物のクラス分けと部屋単位・収納場所単位での荷物整理は、今の生活行ううえで最低限必要な荷物(ふとん、歯ブラシ、最低限の食器・調理

器具、下着数枚、洋服数着)以外は引越し1週間前くらいまでに行っておいてください。そうすることで引越し1週間前くらいから行うダンボールへ

の箱詰め作業がスムーズにできます。ダンボールの箱詰めの時は部屋単位・収納場所単位での整理した荷物単位で箱詰めすると引越し先で

開梱作業が楽になります。

引越し2日前〜前日くらいから部屋の掃除を行い引き払う部屋の片付けをして引越しの準備に備えるのがベストになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!