任せて安心、引越しサイト一括見積もり

家電の荷造り

一口に家電といっても、様々なものがあります。

家電ごとに荷造りのコツを紹介していきます。

・冷蔵庫

引越し前日には中身を空にして、コンセントを抜いておきます。

これだけやっておけば、梱包などの作業は引越し業者がやってくれます。

自力搬入する場合は、まず冷蔵庫下部にある受け皿の水を排水します。

その後、冷蔵庫本体で家屋を傷つけないよう、角に梱包材を貼って、引き出しや扉をガムテープで開かないよう固定します。

トラックに乗せる際は、多少斜めにしても問題ないです。

ただし古いタイプの冷蔵庫だと、水平センサーが内蔵されておらず、搬入後に故障しているケースもあるので説明書などで確認しておきましょう。

・洗濯機

洗濯機は給水ホースと排水ホースの内部の水を排水しておく必要があります。

水道の栓を閉めた状態で1〜2分運転します。これで給水ホースの水が抜けます。

次に1〜2分脱水すると排水ホースの水が抜けます。これで作業完了です。

あとは引越し業者が梱包などをしてくれます。

自力搬入する場合は、冷蔵庫同様に角を梱包し、洗濯機の中にホース類を入れ込み、蓋をガムテープで固定しておきます。

・AV機器

テレビやコンポ等の衝撃に弱い精密機械類は、梱包や搬送に気をつける必要があります。

買った時の箱があればそれに入れるのがベストですが、大抵の人は廃棄していると思います。

まず機器をタオルや毛布でくるみます。

箱に丸めた新聞紙を敷きつめて、その上に機器を入れます。そして余った個所に新聞紙を丸めたものを入れて、箱の中で機器が動かないようにしておきます。

大型テレビ等の箱に入らない機器の場合は、引越し業者が梱包してくれます。

コンセントやケーブルなどを束にしてまとめておきます。その際、輪を描くようにまとめておいた方がコード類が傷みません。

配線が多いものは、抜いてまとめる前にどこに刺さっていたものかをビニールテープに書いてコードに貼っておきましょう。

こういった配線が苦手な方は、引越し業者のオプションサービスにお願いするのも一つの手です。

パソコンは最精密機械といっていいと思います。

梱包方法は上記のとおりですが、ちょっとした衝撃でハード内のデータが破損する恐れがあります。

梱包前に外付けのハードディスク等にデータを退避させておきましょう。

・小型家電

炊飯器や電気ポット、掃除機等は1台ずつ箱に入れて、隙間を新聞紙を丸めたもので埋めて、箱の中で家電が動かないようにしておきましょう。

梱包に関して不安や不明な点があれば、引越し業者に相談しておきましょう。

しかし引越し当日は業者は搬入作業でとてつもなく大忙しです。

間違っても当日聞くことのないよう、前日までに相談し、気持ちのいい引っ越しができるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!