任せて安心、引越しサイト一括見積もり

家計簿をつけてみよう

はじめて一人暮らしをする人は、ワクワク感でいっぱいでしょう。その反面、経済的な心配もたくさんあるはずです。

引越しをするだけでも、かなりのお金がかかったと思いますから、実際に生活していくとなれば、いかにやり繰り上手になるかがカギを握っています。

そのためにも、家計簿をつけて、節約を意識した生活をすることをお勧めします。

実際に、家計簿をつけるのは大変かもしれません。忙しい毎日を過ごしている方は、家計簿をつける時間すら取れないでしょう。

しかし、1日5分で家計簿はつけられます。もし、毎日時間が作れない場合は、週末に、一週間分まとめてつけても良いのです。

今でも、手書きで家計簿をつけている方はいますが、最近では、パソコンやスマートフォンを使う人も多くなってきています。

パソコンには、購入した段階で家計簿ソフトがインストールされていることが多く、こちらを使用すると便利です。項目や金額を入力するだけで、自動計算してくれます。

また、スマートフォンのアプリでは、レシートを読み込むだけで入力が完了するものもあります。

このように、会計簿は気軽につけることができるのです。

さて、家計簿をつける習慣が身についたら、1ヶ月ごとに支出の状況を振り返ってみましょう。

食費にどれくらいかかっているか、娯楽費や携帯代なども見てみましょう。

すると、飲み会が多かった月は交際費が増えていたり、外食ばかりした月は食費がいつもの月より多くなっていることに気づくはずです。

家計簿のメリットは、まさにこの「気づき」にあります。

自分の支出を把握しておけば、日々の生活の中で、自然とお財布の中身を調整できるようになります。

給料が毎月大きく変動する方は少ないと思います。ほとんどの方が、毎月決まった収入で生活をやり繰りしていることでしょう。

ですから、自分がどの分野にお金を使いがちなのか、そしてその分、どこを節約すればいいのかを考えていくと、自然と節約生活を送ることができます。

では最後に、具体的な話をしましょう。

毎月の家賃は決まっています。光熱費や電話代などは、若干の変動があるものの、固定費として考えることができます。

まず、これらの固定費に毎月いくらかかっているかを計算します。

それを差し引いたお金で生活するわけですが、ここで大事なのは、先に貯金をしてしまうということです。

メインの口座とは別に貯金用口座を作って、毎月決まった額を貯金していくのです。もし職場で財形貯蓄ができるのであれば、そちらを利用するのも良いでしょう。

そして、固定費と貯金を引いた額を生活費として使っていくのです。

いずれにしても、家計簿は家計の状況を知らせてくれる大切なツールです。

携帯代が高かったら、プランを変更するなどのアクションを起こすこともできるでしょう。

これまで家計簿をつけるのが面倒だと思っていた人も、パソコンやスマートフォンのアプリを使用すれば三日坊主にならずに家計簿をつけることができるはずです。

是非トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!