任せて安心、引越しサイト一括見積もり

大型家具の荷造りの仕方

大型家具の荷造りは、ある程度の片付けはして、後は引越しの業者に任せるのが一番です。ただし、ベッドの分解や机の引き出しの中身、食器棚の食器などはあらかじめ荷造りしておくことで、引越し当日に、引越しをスムーズに進めることができます。

まず食器棚の食器類は、一つ一つ新聞紙やコピー用紙などで包んで、ダンボールに詰めておきます。食器棚の中を空の状態にしておけば、食器棚本体は引越し業者が運んでくれるので、大丈夫です。

次にタンスですが、そんなに遠方に引っ越すわけでなければ、タンスの中の洋服は入れたままで大丈夫です。しかし、階段が狭かったりした場合は、タンスを横にして運ぶこともあるので、洋服などを入れたままにしていると、引き出しの開け閉めが悪くなることがあります。タンスの中の洋服はそのままにしておいても大丈夫かどうかを、事前に引越し業者に尋ねてみるといいです。

そしてベッドですが、そんなに大きくなく、今住んでいる所でも新居でも搬送や搬入に支障がなければ、わざわざ分解しなくても運ぶことができます。

そして洗濯機やテレビなどに関しては、引越し業者が梱包をしてくれるので、基本的には何もする必要はありません。

しかし、レコーダーやテレビなどの配線は外しておいた方がいいです。引越し業者は荷物を運ぶことが仕事なので、場合によっては配線の取り外しや設置に関しては、別料金がかかってくることもあります。引越し業者によっては配線サービスを無料でしてくれるところもあるので、こちらも事前に尋ねてみることをおすすめします。

そしてパソコンですが、こちらもテレビと同様に梱包して運んでもらえますが、データについては一切保証してもらえません。よって、データのバックアップは必ず取っておき、配線も外しておくことをおすすめします。

そして冷蔵庫ですが、こちらも中身を空の状態にしておけば、引越し業者が運んでくれます。しかし冷蔵庫には注意が必要で、前日までには電源を切っておかないと、運んでいる途中に冷蔵庫の中の霜が溶けて水浸しになってしまいます。ですから、前日までには必ず電源を切っておくようにしてください。

最後に照明器具ですが、この取り付けや取り外しに関しては、引越し業者によって無料のところと有料のところがあります。見積もりの段階で、取り付けや取り外しをしてもらえるのかどうかを尋ねておくことをおすすめします。また、照明器具も引越し業者が梱包をして運んでくれるので、自分で梱包する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!