任せて安心、引越しサイト一括見積もり

同じ市内に引越す場合

私は今まで2回ほど同じ市内で引っ越しを行いました。

1回目の引っ越しは荷物を減らす必要はなく、ほとんどそのまま移動すればいいだけでした。

また、転居先も徒歩圏内だったので、自分達で家財道具を運ぶだけで済んでしまいました。

結果として費用は浮きましたが、その分リスクは高かったように思います。

転居までの期間は10日ほど。毎日時間を見つけては、日用品以外の物をまとめて自転車の前かごと後ろに括りつけて移動する事を繰り返しました。

作業は順調でしたが、限られた日数で自分の時間を割くのは精神的に負担がかかりました。

何よりも体力的な負担が多くかかり、引っ越しの当日までにかなり疲れ果てててしまっていました。

それでも、とにかく自分達で運べる物はどんどん持ち出していくようにし、引っ越し当日の運搬作業は最小限に留めました。

結果、当日に運搬が必要になった物は大型家電とベッドなどの一部の物だけとなり、専門業者には頼まず大人3人ほどで気をつけながら運ぶ程度ですませる事が出来ました。

ただ、この場合の引っ越し作業について一番注意しなければいけない事は、転居先での運搬です。

個人で運ぶ場合は特に、万が一壁やガラスに傷をつけてしまった時に責任の所在がはっきりしません。

業者が絡んでいれば多少はアフターフォローが期待できますが、身内や仲のいい友人などに頼むと、後々まで火種を抱える事になりかねません。

頼んだ側も頼まれた側も、ある程度割り切って細心の注意を払って作業を行う事が重要になってきます。

上記の経験を経て、その6年ほど後に再び引っ越しをする事となりました。

その時は、アパートの2階への引っ越しだった為それまでの経験から大型家具の運搬作業はリスクや補償の事を考え業者に依頼しようと決めていました。

ただ、前回と変わらず小ぶりな物は自分達で運ぶ事も出来る距離だった為、そのスタンスは変えませんでした。

初めての引っ越しよりは断然作業にかかる時間は短縮されました。

後は業者の手配を残すのみとなり、運搬する家具が少量であった事、近距離であった事を踏まえて、

近所に個人事務所を構える大手とは言えない、いわゆる何でも屋の様な所に依頼をしました。

それでも、廃品回収と運搬をまとめて行ってくれるとの事で有難いと思っていましたが、

いざ当日作業員を迎えてみると、かなりご高齢の男性が1人だけで、とても大型家具の運搬を任せられるとは思えませんでした。

結局、私達依頼主も手伝う形で近距離の移動と家具の設置に3〜4時間かけ、ようやく運搬が終了しました。

幸い壁やガラスは無事でしたが、正直な所見積もりに見合った労働はして頂けなかったように思います。

同市内で引っ越しをする事になった場合でも、

「出来る作業は自分達で行う事」

「物量や距離を問わず、信頼のおける業者に依頼するなど外部との連携は密に行う事」

は作業を円滑に進めるポイントです。

近距離だからこそ、自分達の車や労力で作業は終わらせられると思いがちですが、素人では分からない、想像できない事が起こり得ます。

そうなってから頭を抱える可能性のない様、あらゆる事を客観的に捉えられるようにしていく事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!