任せて安心、引越しサイト一括見積もり

刃物や壊れ物の荷造りの仕方

引越し時の梱包で意外と面倒なのがキッチン周辺の小物。

単純に段ボールに詰め込むと傷がついたり、割れたりしますし、包丁等の刃物は下手すると段ボールを突き破って、搬送時に思わぬ怪我を招くこともあります。

面倒ですがきちんと梱包しましょう。

まず食器類。

普段重ねて保管している場合、そのまま重ねてまとめて新聞紙に包めば、開封時にそのまま片付けられるし、新聞紙も少なくて済むので一石二鳥…と思いますが、これは決してやらないこと。

移動時に食器同士が擦れたりぶつかりあったりするので、壊れたり傷が付いたりします。

面倒ですが、一枚ずつ包んで重ねて段ボールに入れましょう。

段ボールに入れる際ですが、お皿は横に寝かしてしまうのではなく、縦にして並べて入れるのがポイントです。

横にして重ねて入れると、上にあるものの重みで、下にある食器が破損する恐れがあります。

コップや丼等のガラスや陶器のものは、重いものから軽いものの順に箱に入れます。理由は同上です。

湯のみ等は背が低く、段ボールに入れると上のスペースが余りますが、まずは対象の左右上下に丸めた新聞紙をおいて、プラスチック等の割れないものを入れるようにしましょう。

盲点なのが入れる時には左右のバランスを保つようにすること。

大きなものから小さな物の順で入れてしまうと、左右どちらかに重さがかたよってしまい、箱を持ち上げた時にバランスを崩して落としてしまう可能性があります。

全て入れ終えたら、隙間を新聞紙を丸めたもので埋めて、段ボール内で食器類が動かないようにしておきます。

隙間はスプーンやフォーク等の小物を入れやすいですが、小さいものは移動時に動き回って予想外の隙間を作り、結果食器の破損につながる可能性があります。

お皿等の割れものと小物は分けて箱に入れましょう。

そして箱には赤ペン等で目立つよう「割れもの」の記載をしておくことを忘れずに。

包丁やナイフ等の刃物は慎重に梱包します。

刃物全体をタオル等でくるんでしまうと、移動時に刃物が動いて梱包している素材を切ってしまい、刃面がむき出しになる恐れがあります。

なのでまず刃物の刃の部分のみを厚紙等で保護し、刃がむき出しにならないようにガムテープでしっかりと固定します。

そのまま段ボールに入れるのではなく、小さめの箱にしまってから段ボールに入れます。

小さい箱にも、段ボールにも必ず「刃物」が入っている旨の記載をして、片付け時に怪我をしないよう取り出します。

開封時に、壊れてたり刃物や破片で怪我したりすると、のちの片付けにも影響します。

細かい作業が続きますが、しっかりと梱包しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!