任せて安心、引越しサイト一括見積もり

一人暮らしの引越の場合

一人暮らしの引越の場合の注意点や手順について。

荷物がそんなに多くない場合は、出来るだけ要らないものをあらかじめ処分しておき、荷物をスッキリさせておきます。
特に多くなってしまいがちなのは洋服。女性の場合は特に。シーズンごとに買いそろえて気が付いたらタンスからあふれて収納ケースを買い足した。なんて事も多いのではないでしょうか?
そういった衣類を、「捨てる」「置いておく」「リサイクルに出す」「売る」という4つの段ボールを用意しておき、仕分けします。

捨てるものは、市町村の指定に合わせて可燃ごみの日に出し、置いておくものを決めるコツは、まづ、衣類全体の2割を残すと決めて、気に入ってるもの以外をドンドン仕分けしていきます。
2割徒は少なく感じると思いますが、このぐらい思い切って心を決めていかないと、思い入れ等がありなかなか迷って早く進められません。なので自分が考えるより少なめに見積もっておきます。

で、最後にどうしても気にいているものが多い場合は置いておくことにすると、3割くらいになり7割片付けられます。リサイクルは、近くかネットで調べれば取りに来てくれるところがあるので、積極的に利用しましょう。売り方は、オークションに出したり、フリーマーケットで売ってしまいます。

ブランド物が多い場合は、ブランド物専門の買い取り業者が高く買い取ってくれますのでネット等を利用して売りましょう。
引越ま近で時間がない場合は、売るのはあきらめて要らないものはまとめてリサイクルショップに出すと、キロ単価で買い取ってくれます。シーズンに合ったものなら割高で、シーズオフのものは安価です。
ブランド物は高価買取のところもあります。

そうして、荷物が減らしつつ、引っ越し先を決めます。
引っ越し先で気を付けたいことは、一人暮らしの場合い、治安、利便性、環境の順で選べばいいと思います。

部屋選びで注意したいのは、日光の照っている昼間に物件を見に行き、に中どのくらい日が当たるかを見ておく方が、後になってから、広くて安くていい物件だと思ったら日が当たらない。

などということになりにくいからです。部屋のなかについての注意点は、水周りと収納です。
水周りがモレやカビがないか、キッチンのシンク下を空けたり、押入れの中、靴箱の中など開けれるところは全部開けてチェックし、壁や天井までしっかり見てチェックする必要があります。
いくら広い素敵な部屋であっても湿気ているとカビでぜんそくや病気を誘発することもあるので注意が必要です。
場所が決まって、荷物が減ったら、もし自家用車をお持ちならば、引っ越しやさんか、自力か検討します。
一人位の荷物なら、軽自動車でも何回か往復することで引っ越せちゃうからです。友人にたのんで重いものだけを一緒に運んでもらいましょう。
車がなかったり、そういったことが厭な人は、おひとり様用のお得パックなどを利用するとお得です。引越時期も、引っ越し屋さんの暇な時期がありますのでその時期に合わせると割安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!