任せて安心、引越しサイト一括見積もり

ペットを飼うときに気をつけること

一人の寂しさを癒してくれるペット。

帰宅して、ペットのかわいい姿を見ると、

心が温かくなったり疲れた気持ちが消えたりしますよね。

ただ、一人で生き物を飼うということはいろいろ注意が必要です。

・まず、当たり前のことなのですが、「ペット可」の物件かどうか確認すること。

鳴き声のしないペットだしこっそり飼えばわからないよね…というのは絶対やめましょう。

そもそも違反でしし、案外不在時にペットが行動する音で周りにばれてしまうものです。

発覚すれば退居させられるだけでなく、

特殊なクリーニング料金や規約違反金をとられる場合もあります。

・自分のライフスタイルに合うペットかどうか考えましょう。

一日二回の散歩の時間がとれないのに犬を飼うとか、

日光浴をさせてあげられないのに鳥を飼うとかはいけません。

また掃除や餌やりなどの基本的なお世話ができないほど激務や、

長期不在が多いという場合もペットを飼うべきではありません。

また、ほとんどの人が学校や会社で不在にすることが多いと思います。

なのでひとりで過ごせないペットは一人暮らしには向きません。

・住まいに合うペットを選びましょう。

集合住宅では周囲の住人に迷惑をかけることはしないのが鉄則です。

ペットがらみのトラブルから事件に発展することもあるので注意しましょう。

薄い壁のアパートなら鳴き声の大きなペットは論外です。

犬猫はもちろん、小鳥も案外鳴き声が大きいものです。

アパートであればうさぎやハムスターのようなほぼ鳴かないものにしましょう。

堅牢なマンションであればある程度は大丈夫ですが

無駄吠えや無駄鳴きをしないようしつけて飼いましょう。

・いざというとき対応できるか考えましょう。

病気になったときや怪我をしたとき、

そのペットを診てくれる動物病院が引っ越し先の周囲にあるか調べましょう。

鳥や小動物は専門病院のほうが安心です。

また、家を空けなければならなくなったときのペットホテルも確保しましょう。

動物病院とホテルが併設の場合、

その病院にかかっているペットしか預かってくれない場合もあるので、

先にHPで調べておくと良いでしょう。

預かってくれそうな人もいるか考えてみましょう。

ペットは生き物です。

生き物を飼うということは愛情と責任が必要です。

可愛いからと軽い気持ちで飼わないで、いろいろ先のことも考えてお迎えしましょう。

きちんとした飼い方とまわりに気配りができれば、きっと一人暮らしの良いパートナーになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!