任せて安心、引越しサイト一括見積もり

ベランダについて気をつけること

憧れていたマイホームへの引越し、引越し後の新生活を考えるとワクワクが止まりません。

とりわけベランダがある場合は、ガーデニングや家庭菜園、子供がいるならプールを展開するなど、色々考えてしまいます。

しかしベランダ使用に関して気をつけないといけないことは多々あります。

ベランダなので当たり前ですが屋外です。つまり天候の影響を受けます。

ガーデニングや家庭菜園をする場合は、プランターや土、スコップやジョウロ等の必要なアイテムを常備しておくことになるでしょう。

台風などの強風時にはこれらのアイテムが飛んでいく可能性もあります。

隣家や、マンションであれば隣室や下階に迷惑がかからないよう、一つの箱等にまとめて置いておきましょう。

台風時には、これらのアイテムだけでなく、移動できるプランターも室内に退避させることも検討しましょう。

家庭菜園では日差しを遮るグリーンカーテンも人気ですが、こちらはマンションだと植物の伸ばしすぎに注意が必要です。

上階のベランダに植物が伸びてしまわないように、剪定を心がけましょう。

最近では盗難等の防犯面から、庭先があってもベランダに洗濯物を干す家庭が増えてきています。

庭先に干す場合でも同様ですが、洗濯物が飛んで行ってしまわないように、洗濯バサミでしっかり固定しましょう。

マンションの高層階の場合だと、たいして風がない日でも強風になりがちです。

他の家庭の目につくところに下着が飛んで行ってしまった…なんてことにならないように常日頃から洗濯物をしっかり固定する癖をつけておきましょう。

ベランダには排水のための排水溝があります。

ベランダは屋外ですから、何もしなくとも風に乗って小さなゴミが飛来してきます。

そういったものが排水溝に引っかかると、排水できなくなります。

排水管の中で詰まると、分解工事等が必要となり、後々厄介になります。

面倒ではありますが、定期的に排水溝を確認し、ゴミが詰まっているようであれば早めに取り除きましょう。

ベランダに隣接している部屋にエアコンを置くと、ベランダには室外機が居座ります。

そしてこの室外機、高さや天板面積から、案外いい物置場になりがちです。

しかし室外機の上に物を置くと、室外機の内部温度が上昇し、エアコンの使用電力が無駄に高くなります。

ベランダの利用スペースを広げたいなら、メタルラックを設置し、一番下の段に室外機を置き、その上に棚を組んで物置くようにしましょう。

メタルラックに室外機を乗せることで、室外機下にも空間ができ、ゴミが貯まりにくく、また掃除もしやすくなります。

ただし、メタルラックの幅には要注意です。

幅が広すぎると室外機の重みで棚がV字に変形し、足場が不安定になり、室外機が転落するおそれがあります。

室外機と同じ幅くらいのメタルラックを探しましょう。

御近所に迷惑をかけないよう、気持ちのいい新生活を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!