任せて安心、引越しサイト一括見積もり

ダンボールはどうやって集める?

さて、引っ越しと言うと荷造りだが、梱包しなければ業者も運んでくれないし、自分で運ぶにも無理があるので

まずは梱包ということになるだろう。そこで必要なのが段ボールだ。

これが結構最近はやっかいで、買うと高いし、コンビニにはちょうどいいサイズが無かったり、分けてくれないところもあったりで

意外と入手できない。

特に引っ越しに必要なサイズは大きめだろう。

やはりコストはかけたくないので、タダで入手したいのが実情と思う。

そこで、段ボール入手先だが、大型スーパーかドラッグストアが良いと思う。

特にドラッグストアはサイズ的に大きめが多く、スーパーとは違って生鮮食品などが無いために

清潔な状態の段ボールが多いのも利点だ。ほとんどのドラッグストアが品出し後に、表の籠などに

不要な段ボールを出していることも多く、もらう側にとっては好都合である。

と言う事で、近隣のドラッグストアに行って必要な段ボールを集めてくるのがいいだろう。

段ボールが集まったら、次は梱包だ。

これが簡単なようで、意外と難しい。思ったように効率的に荷物を納めていけない人が多いだろう。

空間認識ができるかどうかでも変わってくるが、まずは梱包の基本を押さえておきたい。

ある程度道具も必要だ。

カッター、はさみ、マジック、梱包用PPテープ、ガムテープなど

そして、段ボールに入れて行く際には、重たくて壊れにくい、形が定まった物から入れて行くのが基本だ。

硬くて壊れない金属の箱などを入れてから、その上に他の物を入れて行くという形だ。

しかし、たとえば電子レンジなどは重たい上に、大きさもあるので単体で梱包が基本だろう。

この辺りはご自分でよく考えていただきたい。

同様に、テレビや他の大型家電も単体で梱包になる。特に壊れやすいものは緩衝材だけでなく、保護シート

などで保護する必要もある。テレビの画面、パソコンモニターの画面などである。それ以外もご自分で判断されて

破損しないように梱包するのが望ましい。運搬時には意外と壊れたりするものである。ホームセンターに行くと

プラベニと呼ばれる養生用のシートが安価で売っている。(200円程度 1820mmx910mm サイズ)

私はこれをよく利用している。

家具なども同様に保護シートを使う必要がある。特に木製家具は、角が壊れないように緩衝材だけでなくウレタン

などのパッドを当てたりする必要がある。引き出し等は、運搬時に動かないように固定する必要がある。

固定には養生テープか柔らかい紐でくくるなどが望ましい。この際にガムテープを使用してはいけない。

化粧板が使用してある木製家具にガムテープを貼ると、表面の化粧をひきはがしてしまう可能性が高い。

(実際にたくさんの事例あり)なので注意してほしい。

余談だが、引っ越し後に、養生テープをはがす際にも注意したほうが良い。はがれにくい時は、温めるてから剥がすのが良い。

温めると、テープのノリが軟化して剥がしやすくなる。もし、ノリが残ったら、ぬるま湯を雑巾に浸して優しく拭き取るか

レモンオイルを使う。

次に食器だが、最近は100円ショップなどに食器の梱包用緩衝材が売っているのでこれを利用するのが良い。手間が省けるし

コストも安い。食器は重たいので、小型の箱にあまり重たくならないように納めて行く。

さて次は、雑貨などだが、これらが一番梱包に困る。

基本は前述したように、段ボールに入れて行く際には、重たくて壊れにくい、形が定まった物から入れて行くのが基本だ。

しかし、なかなかそうはいかない。色々と持ち物は人によって違うし、一概に言えない。

なので漠然とだが、1個の梱包は必ず人が一人で持てる程度の重さに抑え、内容物は動かないように隙間なく埋めること

が大事である。

緩衝材や新聞紙、要らない衣類などで保護&隙間なくうまく梱包して頂きたい。

そして最後に、梱包した段ボールが分解しないように、きちんとテーピングする事が大事である。

特に、重たいものが入っている段ボールは、境目だけでなく十字にテーピングしたりと、強度が上がるように

施していただきたい。

以上、大まかな引っ越し時のダンボールの集め方|荷造りのコツ でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!