任せて安心、引越しサイト一括見積もり

ゴミの分別は気をつけよう

引越しをする際は、どうしてもゴミが大量に出ます。これらのゴミの処理は、種類別に分別して行わなければなりませんが、分別の方法は各自治体によって違うので、そこの自治体のやり方に従うようにしてください。

ゴミには、引越しの時に一番多く出る紙くずや生ゴミなどの可燃ゴミ、ガラスや陶磁器、金属などの不燃ゴミ、缶やビン、発泡スチロールやペットボトルのキャップなどの資源ゴミ、そして引越しをする時に一番厄介な大型家具や家電などの粗大ゴミがあります。

荷造りをする時に、衣類や雑貨、不要になった紙くずなど大量にゴミが出ますが、マンションなどで、ゴミを廃棄業者に頼んで回収してもらっているというところは、引越しで出る一時的な大量のゴミは出してはいけないことがあります。ですから、荷造りは少しずつ行って、ゴミを小分けにして処分することをおすすめします。

また、廃品はリサイクルショップに持って行くと買い取ってもらえたりもします。もし時間に余裕があるならば、このような方法をとるのも一つの手です。

そしてゴミの分別方法の他に収集日に関しても各自治体で異なるので、引越しの時にゴミを出す際は、前もって確認しておくと便利です。

そして荷造りもできてきてゴミの分別まで終わると部屋がスッキリしてきますが、引越しの前にはこのスッキリした部屋を掃除しなければなりません。

まず床がフローリングの場合は、丁寧に掃除機をかけてその後拭き掃除を行います。この時、雑巾を固く絞ってしないと、またホコリがたまってしまいます。畳の場合は、掃除機をかけるところまでは同じですが、拭き掃除には熱めのお湯で濡らした雑巾を固く絞って拭くようにします。そうすると、畳についている油分を溶かしてくれるので、きれいになります。

そして窓ガラスですが、これは新聞紙を水で濡らして拭くときれいになります。もし落ちない汚れがあった時は、窓拭き用のクレンザーを使うと、きれいに落ちます。ただし、どちらの場合も強く拭きすぎると傷がついてしまうので、擦りすぎには注意してください。

そして天井と壁に関しては、素材に注意しなければなりません。一般的なビニールクロスの場合は、掃除機を使ってホコリを取り、その後、家庭用中性洗剤を薄めた水で叩くようにして拭くといいです。素材によっては破損したり変色したりしてしまうことがあるので、目立たない所で試してから掃除することをおすすめします。

そして最後に、お風呂場、トイレ、洗面所、キッチンもきれいに掃除します。

家の中すべてを掃除するのは、とても時間と労力がかかるので、できる時に少しずつでもやっておくと、引越しの準備が楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一括見積もりサイトランキング
引越し価格ガイド
見積もり比較で引越し料金が最大50%やすくなる
引越し達人セレクト
Webからお見積もりで、引越し料金が最大55%OFF!!
引越し侍
引越し料金だけでなくサービス内容も比較できる!